Component_2020-Jul-07_11-13-37AM-000_Cus

Somewhere

Component_2020-Jun-03_06-32-37AM-000_Cus

緻密な設計と手作業によって、細部まで配慮されたプロダクトには、本質的な価値を気づかせる力があります。 日本の木工職人の技術を信じて大量生産の仕組みに頼らず、一つ一つ丁寧に作り上げるクラフトマンシップに敬意を払った家具造りを目指しました。

Somewhereは一つでもパーツが欠けると成立しない、全ての要素に意図を持った究極的なデザインです。 全パーツが複合的に作用しあって、荷重を無理なく分散させ天板を支えるので、合理的で自然な構造になっています。 高い質感に仕立て上げられた木材は、特別な機械や設備は極力使わずに、昔ながらの手法で無垢材の曲げ加工を施すなど、 熟練の木工職人だからこそできるディティールに拘りました。 また簡単に組み立てられるシンプルな構成に加え、天板には突板と自然素材のリノリウムを使用し、人と環境に配慮したデザインです。

Somewhereはトレイを持ち上げて脚を簡単に折り畳めるので、モビリティが活発な現代で様々なシーンに活用できます。

Client : Own Project

Somewhere / Foldable coffee table

 

WHY / context

_DSC7544.jpg
_DSC7560.jpg
_DSC7564_edited.jpg

日本の産業では、コストダウンを追い求めるだけの量産時代は終わりました。私たちは、大量生産のプロセスにおいて、コスト削減の為に限られた天然資源を惜しみなく使用し廃棄していることに目を向けなければなりません。 このプロジェクトは、家具としての機能の基本に立ち返るとともに、モノが生産から使い手に至る過程でより良い健全な社会を実現するためのメッセージとしてスタートしました。

HOW application 

荷重に対して無理なく自然に相互に支え合うよう全ての要素に意図がある合理的なデザインになっています。

この構造により普遍的でエレガントな佇まいを実現しています。 さらに、すべてのパーツはユーザーのメンテナンスまたは交換のために簡単に再組み立てできるようになっています。 ステンレス以外の素材は、木材、リノリウム、革などの天然素材を使用し、環境に配慮されています。

「Somewhere」の細部はすべて洗練された日本の職人によって一つ一つ丁寧に作りあげられています。 製造工程は、大量生産に利用される巨大な機械や設備に依存せず、職人だからこそできる技によってシンプルでユニークな技術によって仕立て上げられています。その繊細な技術は手に取ると隅々に感じる事ができます。

ハンドル付きテーブルトップは折りたたみ式の脚の上に置くだけでなく、そのままダイニングテーブルに置いて飾り付けをしたり、トレイとしても使用できます。

スムーズに片手で開閉できる脚と、テーブルトップのシンプルな構成で出来上がったSomewhereは、手に取った瞬間、質感の高さや職人技とデザインの意図を隅々まで感じ取ることができます。

WHAT / implementation

繊細で安定感のある軽量トレイと、簡単に折りたためる脚により、どこにでも気軽に持ち運ぶことができます。

「Somewhere」は単なるコーヒーテーブルではなく、エレガントな構造とコンセプトにより、インテリアやエクステリアを問わず様々なシーンで使用できます。

  • Instagramの社会のアイコン

© 2017 By Knowledge Base Design